介護の知識を得る

介護職員初任者研修とは、ホームヘルパー2級と言う資格の名称が変わったもので、この資格を持っている事で介護食に対して一定の知識を持っている証にすることが出来ます。
なぜホームヘルパー2級の資格が介護職員初任者研修に変更されたかというと、資格を新しくすることで介護職員の今後のキャリアアップに繋げる為です。
この資格はホームヘルパーの資格の名称が変更になっただけではなく、取得費用や必要な条件、取得する際に受ける研修内容等色々な部分が変更されています。
そのため、取得することが難しくなっていますが、得る事ができる知識はホームヘルパー2級の資格と代わりはないので、名称が変更された2013年4月以前にホームヘルパー2級の資格を取得していた人は自動的にこの資格に名称が変更されています。
ホームヘルパーに資格は1級、2級等種類がわかれていたので、介護職員のキャリアパスがわかりにくくなっていましたが、介護職員初任者研修の資格にひとつにまとめられた事によって介護職員のキャリアパスがわかりやすくなりました。
介護職の需要は年々高まっていて、少子高齢化社会に対応するために介護職員のキャリアパスも明確にする必要があるのです。
新しい資格ができたことにより、介護食を目指す人がより働きやすくなるようにしっかりと考えられた資格なのです。

ホームヘルパー2級の資格と勘違いされやすいのですが、大きな違いがあります。それは筆記試験が出来たことです。
ホームヘルパー2級の場合、一定時間の研修を受けることで資格を習得することが出来ましたが、制度が変わったことにより筆記試験のために勉強する必要が出てきました。
そのため、取得することが難しくなってしまいましたが、取得が難しくなった事で資格の価値が上がり、より一層介護の仕事に役立つ資格となっているのです。
また、資格を取得するための試験勉強をすると、さらなる知識を付けることが出来るので、更に上の資格である介護福祉士の資格なども取得しやすくなると言うメリットもあります。
資格が新しくなった事で得ることができるメリットは非常に多く存在しており、介護の現場で働きたいと考えている場合はこの資格を習得しておくと良いでしょう。
また、働いた後に資格を習得することも可能です。働きながら勉強して、資格を取得し、キャリアアップに活かせるようにしましょう。

介護職員初任者研修の資格には介護職につく際に役に立つ知識が多く含まれています。
介護職の主な仕事は、高齢者の自立支援を助けるためと言う目的があります。
また、生活に困難な生涯を抱えた高齢者に対して入浴や食事のサポート等様々な補助を行ないますが、あくまで自立支援を目的とした仕事なので、全てを手伝うことはしません。
介護職員初任者研修の資格を習得することで、高齢者の自立支援を助けるための様々な知識が手に入るので、資格を取得して仕事に役立てていきましょう。
この資格を習得しておくことで、就職する際に有利になります。
就職先にはデイケアセンター、訪問看護ステーション、デイサービスセンターなどの在宅介護施設から特別養護老人ホームなどの老健施設などが存在します。
資格を習得した際は、自分がどの施設で働きたいかをしっかりと確認して就職することも大切になってきます。